imanara
morimoto
 
山田伊久磨
   
分類 ロボットムシ
コンピューター
特技 体内からクレイジーな人間だけが感じ取れる電波を出し、そいつらを引きつける。
好物 グリンピース、セックス
嫌いなモノ オシャレ、洋画
毛並み ザラザラ
飼育場の注意 非難しないこと。1度でも注意すると自分の非を別の問題にすり替えてでも噛みついてくる。
この動物と二人でいると、不良に絡まれたり、電車が遅れたり、人が死ぬところに出くわしたりして、心がギスギスする。
       
1970年生まれ、香川県出身、身長165センチぐらい、体重58キロぐらい。
親父は何かの会社の社長だったらしいが、イクマの持って生まれた不運のせいでその会社も倒産したらしい。

高校時代までは典型的な嫌な金持ちで、やたら知識をひけらかし、自分と意見の違う者をダメな奴だと心の中で見下す傾向があったと聞くが今もその名残はある。

明治大学に入学し活劇工房という演劇サークルに入りそこで知り合った河原雅彦(ハイレグジーザス総代)と野村朋子とともにハイレグジーザスを結成。何年たつのかはよくわからん、忘れた。

それからしばらくしてEHHEを結成。あとは大した事してない。

現在サウナでアルバイトをしている。雑学王でEHHEの中ではおそらく一番男前、それから不思議と人を怒らせる能力を持っている。いっしょにいると10分に1度は腹が立つ。

それから、いっしょにいると金持ちになれない男。