1995-1999
2000-2005

1995
エッヘ結成
山田伊久磨
当時「ボキャ天」でお笑いがちょっとしたブームだった。
そこで森本訓央(現・財団法人ノリオchan)と、その波に乗ろうと結成。が、結局その波には乗れずじまい・そして近年のお笑いブームにも乗ることなく現在に至る。
森本訓央
当時所属していたHJで暗黒時代があった。
何が暗黒かというと男優がイクマと僕だけで、あとは女優さんのみというなんとも心許ない陣容であった時期があった。
こう書くと普通は「じゃあ出番がいっぱいあったでしょう」などと思われるだろうが、イクマと僕に科せられたのは主につなぎであった。主要な役どころはすべて女優さん達がうけおい、僕たちはその他大勢を全て任された。ゆえに衣装も壮絶な数であった。
何故こんなことになったかというと、イクマと僕は芝居が下手だと思われていたのである。(まあ本当に下手なのだが)当時の僕は「なんで力があるのに俺がベンチウォーマーなんや?」と一軍半のプロ野球選手のようにくさくさしていた。
ある時イクマとその他大勢の役の練習を朝6時に起きて、二人でやったのだが(若かったので努力を惜しまなかった)何故か「こいつと二人で何かやれば、売れるんじゃないか」「俺たち面白いよな」などという考えが頭に閃き、折しもボキャブラブームだったのでお笑いという形態ならいけるぞ!と思った二人はエッへを結成した。はず・・・
最初はイクマと二人の予定だったが、イクマが今奈良も勝手に誘ってしまい、図らずも3人体制となった。
今奈良孝行
それほどやる気があったわけでもなかったのに、なんとなくまわりのムードに流されてやることになった最初の公演。多分、片意地はってしまったんだと思う。楽屋にトイレがなくて、ペットボトルにオシッコをした。一本では足りなくて二本使った。全然こぼさなかった。お茶色だったので誰か間違えて飲んでしまわないか心配だった。
HIGHLEG JESUS公演
4月「HIGHLEG JESUS THE SHININGSTAR」(高円寺ショーボート)
12月「嗚呼、花のワンマンショー!」(浅草木馬亭)
この年の事件
1月−阪神淡路大震災
3月−地下鉄サリン事件
4月−青島幸男都知事と横山ノック大阪府知事が当選
7月−九州自動車道が全線開通
8月−ベトナム、米国と国交正常化
9月−フランス、南太平洋で核実験強行
11月−マイクロソフト社がWindows95を発売
話題のドラマ、アニメ
「最高の片思い」「金田一少年の事件簿」「新世紀エヴァンゲリオン」
ヒット曲
MY LITTLE LOVER「MAN&WOMAN」、シャ乱Q「ズルい女」、ウルフルズ「ガッツだぜ!」、JUDY AND MARY「そばかす」
流行語大賞
「DA・YO・NE」、インターネット、がんばろうKOBE、「ああいえば上祐」、ハルマゲドン
1996
エッヘ2年目
山田伊久磨
当時所属していた劇団ハイレグジーザスの公演でコーナー枠をもらう。小道具としてダッチワイフを3体購入。その3体は未だ現役で使用され現在に至る。
森本訓央
大手お笑い事務所に所属してたわけでもないので、いざコントグループを作ったものの出られるコント大会等ほとんど無かった。唯一出られたのがGリーグなるコント大会。六本木に今はもうないがキャラメルという怪しいバーがあり、そこは夜来ると黒人が廊下で平然とSEXをしているという普通の人なら悲鳴を上げそうな場所なのだが、そこで月に一度行われてたGリーグは誰でも出られるというのでがんばって参加してた。まあこの世の果てのようなコント大会だった。そこでエッへは一応、毎回準優勝してた。はず・・・
ちなみに鳥肌実がいつも優勝してた。僕はマサシという芸人が本当に嫌いだったが、今もってテレビでお目にかかった事がないのでとっくに消えたのだろう。
HIGHLEG JESUS公演
7月「THE WORLD REMEMBERS UNDERGROUND SUPERSTAR」(中野光座)
9月「桃色漫遊」(シアターD)
この年の事件
1月−橋本龍太郎内閣発足、横山やすし死去
3月−りんかい線新木場〜東京テレポート開業
5月−森且行、SMAPを脱退
7月−アトランタオリンピック開催
12月−ペルー日本大使館公邸人質事件発生
O-157食中毒が多発/携帯電話が急速に普及
話題のドラマ、アニメ
「古畑任三郎」「白線流し」「ロングバケーション」
「未来少年コナン」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」放映開始
ヒット曲
Mr.Children「名もなき詩」、久保田利伸with NAOMI CAMPBELL「LA・LA・LA LOVE SONG」、今井美樹「PRIDE」、PUFFY「アジアの純真」

流行語大賞
「自分で自分をほめたい」「メークドラマ」、援助交際、ルーズソックス、チョベリバ・チョベリグ、アムラー

1997
エッヘ3年目
当時の写真
山田伊久磨
初のお笑いライブ出演。ネタのあまりのひどさに客と大乱闘になる。以後、そのライブハウスは出入り禁止となり現在に至る。
森本訓央
あるライブに出た時乱闘騒ぎを起こしてしまった。原因はイクマがアイドル目当てに客席の最前列を占めているオタク達に椅子を投げつけたからなのだが、へタレの僕は大変な事をしてしまったと思い、誰よりも先に土下座をしてた。目もうるんでた。若かったな。今なら絶対泣いたりしないのに。泣くのは女子に振られる時だけだな。
その時やったネタが「夫婦と伊良部」というネタで、新婚家庭を伊良部(ロッテ→ヤンキース→阪神)が壊していくというケープフィアーのような内容だったのだが、何が面白かったのか、今はもうわからない。
HIGHLEG JESUS公演
1月「若くして死ぬしかない」(REAL演劇フェスティバル/法政大学学館ホール)
3月「とにかく観ろ!or die!」(パルテノン多摩小劇場フェスティバル/パルテノン多摩)
5月「誰でも出れるよ!atフジタヴァンテ」(ガーディアンガーデンフェスティバル/フジタヴァンテ)
12月「真っすぐにクサる」(渋谷公園通り劇場)
この年の事件
2月−神戸連続児童殺傷事件(通称酒鬼薔薇事件)
3月−大阪ドームオープン、フジテレビがお台場の新社屋から本放送開始
4月−消費税が3%から5%に、杉村春子死去
6月−勝新太郎死去
7月−香港返還
8月−ダイアナ元英皇太子妃、パリで事故死
12月−テレビアニメ「ポケットモンスター」で光過敏性癲癇(てんかん)発症者多数発生、伊丹十三・三船敏郎死去
話題のドラマ、アニメ
「踊る大捜査線」、「ビーチボーイズ」、「失楽園」、「ひとつ屋根の下」、「ラブジェネレーション」
映画「もののけ姫」
ヒット曲
Kinki Kids「硝子の少年」、猿岩石「白い雲のように」、安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」、華原朋美「Hate tell a lie」、SPEED「WHITE LOVE」
米米CLUB、X JAPAN解散

流行語大賞
失楽園、たまごっち、「透明な存在」、パパラッチ、マイブーム
たまごっち、ポケモン、ハイパーヨーヨー、エヴァンゲリオンがブームに

1998
2月 単独ライブ「押忍!エッヘ」(六本木将軍)
山田伊久磨
初単独ライブ。ほとんど記憶にない。ゲストは猫のホテルの中村まことさんと市川しんぺーさん。何故か売れると確信してた。そして確信したまま大人になって現在に至る。
森本訓央
初の単独ライブ。やったね。六本木将軍という場所は前述したキャラメルと同じビルにあったのだけど、イメージはストリップ劇場って感じで正にエッへにふさわしい場所だったなあ。
一番覚えてるのは劇場の楽屋にトイレが無く、今奈良がものすごく尿意を我慢してたんだけど「もうアカン」といって目の前にある空き缶におしっこをしたのだが、あまりの量に缶では足りず溢れさせてたのが面白かった。あと「床屋」というネタでなんのひねりもなくイクマと僕は舞台上で坊主になった。エッへの基本はひねりなし。
今奈良孝行
それほどやる気があったわけでもなかったのになんとなくまわりのムードに流されてやることになった最初の公演。多分、片意地はってしまったんだと思う。楽屋にトイレがなくて、ペットボトルにオシッコをした。一本では足りなくて二本使った。全然こぼさなかった。お茶色だったので誰か間違えて飲んでしまわないか心配だった。
1998
9月 単独ライブ「やる気まんまん」(六本木キャラメル)
山田伊久磨
「GTO」のパロディとかやってた。あとのネタはほとんど覚えてない。小林一英と奥村香里が初参加。映像でムーチョが参加。長いつきあいのまま現在に至る
森本訓央
このころ作ったネタはなんと今でもやってる。ヤクザバンドや超能力兄弟。この頃から旬のTVドラマは必ずパロディにしてた。
とんねるずとの違いはフルチンになるかならないか。ちなみにこの時はGTOをやった。
イクマと激しいディープキッスを初めてしたのもここからじゃないだろうか。今やすっかり慣れっこ。
今奈良孝行
これぐらいからエッヘの一員としての自覚というか覚悟というかあきらめが芽生えてきた。チラシもコピー、小道具も半分ぐらいは自分達の手作りで本当に小さな劇場だったけどこれぐらいの規模でやるのが一番好き。本番中、セリフが「ウホッ」とか「ギャー」とかばっかりでほとんど日本語をしゃべらなかった。
HIGHLEG JESUS公演
4月「KILLER JESUS KILLER」(フジタヴァンテ)
7月「男がいて、そして女がいて…」(ウエストエンドスタジオ)
8月「モンスターロックフェスティバルIN亀有」(かめありリリオホール)
10月「HJ総代、演劇村への報復スペシャル『お茶の魔』」(博品館劇場)
12月「ONE NIGHT JESUS」(ON AIR WEST)
この年の事件
1月−関東地方で記録的な大雪、石ノ森章太郎・景山民夫死去
2月−郵便番号が7桁化、長野オリンピック開幕
5月−元X JAPANのギタリストhideが死去、インドで核実験
6月−FIFAワールドカップフランス大会開幕
7月−和歌山カレー毒物事件発生、小渕内閣発足
8月−米国でiMAC発売
9月−黒澤明・フローレンスジョイナー死去
12月−NPO法施行
話題のドラマ、アニメ
「ショムニ」「GTO」「眠れる森」
「カウボーイ・ビバップ」「おじゃる丸」放映開始
ヒット曲
MISIA「つつみこむように…」、GLAY「誘惑」、ゆず「夏色」、宇多田ヒカル「Automatic」

流行語大賞
ハマの大魔人、「だっちゅーの」、老人力、ボキャ貧

ファッション
アニマル柄、トートバッグが流行

1999
7月 単独ライブ「燃えよエッヘ」(シアターD)
魔女の条件
ブラックジャック

虫バンド
ショートコント
山田伊久磨
「魔女の条件」のパロディとかやってた。公演写真を見ると自分は半分以上のシーンで全裸。以後フルチンマンのレッテルが貼られ現在に至る
森本訓央
今までの単独ライブが子供の遊びだとしたら、これは大人への脱皮。ちゃんとした劇場を押さえ、コピーじゃないチラシを作り、舞台装置まで作るという手の入れ込みよう。これはすごい事でした。でもやってることはやはりフルチンやら、虫やら、ホモやら、タイ人やら、トラックやら。
そう言えば今をときめくクドカン様にボツネタを頂きそれをやったりもしたなあ。ビデオにも出てもらったり。宮藤さんに道でばったり会ったら、とにかく無茶を頼み込むがそれからのキーワードになった。(おかげで弥次喜多に出れた)
今奈良孝行
客演してもらってた自閉症ぎみの奥村香里が、本番前にこっそり酒を飲んでいるのを発見。皆にばれないように水筒にワインを入れて持って来ていた。泣きそうになりながら「緊張するんですぅ」と弁解するので皆には黙っておいた。そのかわり少しそのワインをご馳走になった。
HIGHLEG JESUS公演
5月「FUCK YOU VERY MUCH」(武蔵野芸能劇場)
11月〜12月「CLUB CIRCUIT 99」(下北沢、渋谷ほか)
この年の事件
1月−携帯電話番号が11桁化、EUの単一通貨ユーロ導入、ジャイアント馬場死去
4月−石原慎太郎が東京都知事に、コロンバイン高校銃乱射事件
9月−池袋通り魔殺人事件、東海村JCO臨界事故発生、淡谷のり子死去
10月−桶川ストーカー殺人事件
12月−てるくはのる事件、池田貴族死去
話題のドラマ、アニメ
「サラリーマン金太郎」、「救命病棟24時」、「リップスティック」、「OUT」
「ワンピース」「HUNTER×HUNTER」放映開始
ヒット曲
「だんご3兄弟」、坂本龍一「energy flow」、モーニング娘。「LOVEマシーン」、
椎名林檎、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ

流行語大賞
ブッチホン、カリスマ、ミッチー・サッチー、2000年問題、癒し、iモード

ファッション
ユニクロブーム、カリスマ美容師・カリスマ店員が取りざたされる
厚底サンダル、ガングロ・ヤマンバ
エクステンションが人気に

2000〜2005